中古マンションのタイプをふまえたポイント

中古マンションを購入する時、どんなものに気をつけたらいいのでしょうか?
ここでは、中古マンションの種類を押さえつつ勉強していきたいと思っています。

最初に、中古マンションを種類別に分類して考えていきましょう。
一つに竣工から1年以上が経過したけれども、これまで誰も住んでいない物件である新古マンションというタイプがあります。
また、一般的な中古マンションはかつては入居者がいたマンション、または、2年以上経っても売れ残っている物件です。
もうひとつ、リノベーションマンションという既存のマンションを改修し、最新の設備を追加することで価値を高めた物件であるタイプもあります。

こうした中古マンションをうまく快適の生活に取り入れるには、意識したいことが何個かあります。
まず考えられる点として、物件を見学した際に駅から実際に歩いてみるということが上げられます。
これは広告に記載の駅からの所要時間と実際にかかる時間が異なる場合があるためです。

さらにどのぐらいの期間住むのかしっかり考えること。
築年数によっては老朽化などで長く住めない場合があるので注意が必須です。
最後に、入居して間もない時期に高い修繕費を取られることがあるので、大規模な修繕予定がないかどうか確認することも忘れてはいけない点ですよ。

不動産会社の比較、仲介手数料無料物件の利点の説明ならこちらの仲介手数料無料のサイト
仲介手数料無料不動産の購入で経費を削減!は私も参考になりました。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)